アカジン

意味:スジアラ

スジアラといえば、ハタ類の高級魚です。沖縄ではこのお魚をアカジンと呼びます。
ハタ類のお魚をミーバイといいますが、ミーバイの中でも最も高級とされるのがアカジンミーバイ。
通常の食卓ではなかなかお目にかかれない代物です。
全身真っ赤で黒い水玉模様が印象的です。
少し銅が混じったような光沢もあります。

≪名前の由来≫
そもそもアカジンってどういう意味からそう呼ばれるようになったかご存知ですか?
実は赤は見た目でもわかるように色の赤を示しております。
ジンはお金かなとも思いましたが、銅のような光沢があることからきています。
ちょっとした豆知識ですが、宮古島の方ではアカディンやアカディンミバラと言われています。

≪なかなか釣れない高級魚≫
高級魚ということもあり、なかなか釣るのが難しいらしいです。
エサはグルクンとしていますが、釣りをする際は根性が必要です(笑)。
今では貴重な天然のアカジンですが、実は、養殖もしています。
近い将来グルクンと並ぶくらい沖縄の定番魚になるかもしれませんですね。

≪食べ方≫
アカジンは歯ごたえがよくお刺身にしたら絶品です。
私の知り合いに漁師さんがいてよく食べておりましたが、頭の部分は汁物。お腹の部分はお刺身。軽くしゃぶしゃぶしてといった感じで食しています。
わさび醤油ではなく酢味噌で食べるが大好きです。
汁物は、ご飯によく合う食べ応えのあるお魚です。

アカジンは貴重な品種ですが、沖縄に行ったらぜひ食べて頂きたいです。
グルクンが安くて定番ですが、食通にはたまらない一品だと思います。
少しお高い琉球料理店ではあるかと思います。
時期的には秋から初夏となりますので、1年通しておいしく頂けますね。
ミーバイ(ハタ類全般)はたくさんあるかと思いますが、アカジンミーバイはまた一段階上のお魚なので間違えないように気を付けて下さい。
沖縄以外にも鹿児島・長崎でも食されているようですよ。
お魚好きの方なら、ぜひぜひ一度ご堪能下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク