アガー

アガー

意味:痛い

最近の子供たちからはあまり耳にしなくなった「アガー」という言葉ですが、オバー・オジー・中高年・学生の方に多く飛び交う言葉です。
普段意識して標準語を使用しても、本当に痛いときにはついついとっさに出てしまう一言でしょう。
口癖というのはなかなか直らないといいますが、まさしく「アガー」とは沖縄の人にとっては抜け出せない言葉。
実際に、本土に移住して何年経っても、つい口走ってしまうなんてことも多々あります。
標準語が当たり前になって来ている沖縄の子供たちにもまだまだ日常的に多く発せられています。

《こんなふうに使用します》
「アガー いちでーじなとん」→意味:痛い、大変だ!
「アガー ヌーソーガ」→意味:痛い、なにするの?
と、本当に痛いときとか、何かされてむかつくときに出てしまいます。
とっさに出てしまう場合はたいてい「アガー」一言だけで終わることも多いです。

他にも言い方はそれぞれあります。
「アッガー」→痛みが強い場合やむかつくときには思いをこめて少し溜めてから発します。
「アガヒョイ」→若い世代ではあまり使用されないが、中高年・オジー・オバーがよく使ってます。

アガーではないですが、若者は「しに 痛い」→とっても痛い!という場合もあります。
「しに」という言葉が「とても」という意味になります。若者が生み出したオジー・オバーには通用しない独特な言葉です。

若い世代からアガーという言葉がなくなりつつありますが、しになど新しい言葉も出てきているようです。
ファッション・風習が変わるように沖縄の方言も時代とともに変化しております。
そもそも沖縄の方言は中国・インド・フィリピンとさまざまなところから伝承されているといわれています。
そのため、難しい言葉が多く、標準語を聞きなれた若い世代には困惑してしまうこともあるのでしょう。
若者が作りだしたものは簡単な方言と化しています。

私が知っている限りでは…。
*「ニリー」→意味:めんどくさい
*「しに」→意味:とても
などになります。

どこから生まれた言葉かは不明ですが、受け継がれていくうちなー口がどう変化していくかも見ものですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク