アキサミヨー

アキサミヨー

意味:驚いた・あらまあ

アキサミヨーは中高年・オジー・オバーがよく使用してしています。

基本的には形に囚われず、色々な場面で出現されますので、内地(本土)の人だと使いこなすのが少し難しいかも知れませんね。
アクセントによっても表情はだいぶ変わってきます。
驚いたときは「アキサミヨー」と少し声高に語尾を上げて言います。
深刻な話をしたときなどは、「アッキサミヨー」と思いを込めて、少し変わったニュアンスで話すこともあります。
この場合、語尾は下げて言います。
実に面白い方言のひとつでしょう。

オジー・オバー達は常連と言わんばかりに日常会話で頻繁に飛び交う言葉ですが、
若い人たちは、「アイ」「アイヤー」といった表現の方が多く見受けられます。

《例えば・・・》
「アッキサミヨー チラカーギーなったねー」→意味:あらまあ可愛くなったねー。
 (久しぶりに子供の成長をみた年配の方がよく使います)

「アキサミヨー チャーヤミセーガー」→意味:あらまあ、どうしよう。
 (失敗したときや相談したときによく使われています)

「アキサミヨー ワラバーター また散らかして」→あらまあ、この子供たち(ワラバー)はまた散らかして。
 (子供を怒るときなどに親が怒るときによく使います)

「アキサミヨー」は他にも場所によって違う言い回しもあります。
*上記でも使用している「アッキサミヨー」
*中部のほうでは「アギジャビヨイ」「アギジャビヨー」
と言います。

沖縄で居酒屋に言ったときには、結構な割合で耳にすることがあるかと思います。
よく耳を立てたら分かると思いますので、生のうちなー口(沖縄の方言)を聞いてみてください。
何を言っているのか全然分からないと思いますが、一つ知っている言葉があるだけでも、十分に楽しんで沖縄旅行を満喫できるかと思います。
沖縄の方言は歴史も非常に長いので、沖縄に興味がある方からしたら、方言は欠かせない必須知識でしょう。
沖縄の若い人でも、実際話せない人も沢山いますので、やっぱりオジー・オバーの言葉を参考に覚えていってほしいなと思います。

Facebook コメント「屋宜さん」より!!
アギジャベという地域もありますねたしか。
でもこれは驚いた時というより残念とかちょっと怒りを表すときに使われる事が多いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク