ンスナバー

ンスナバーは、和名を「ふだんそう」という野菜です。
原産国は南ヨーロッパ。シチリア島では紀元前から栽培されていたそうです。
日本へは中国を経て明治時代から栽培されるようになりました。
次々と葉が絶えることなく出てくるので、「不断草」とも呼ばれています。暑さと乾燥に強く、栽培しやすいので、終戦後の野菜が少なかった時期に、沖縄ではよく食べられました。

ンスナバー

うちわのように肉厚で、中央の太い大きな葉脈が特徴。葉は柔く、茎はシャキシャキとした食感が楽しめます。
ビタミンAやB2などビタミン類、カリウム、カルシウム、鉄分といったミネラル分も豊富。
スープに入れて煮たり、野菜炒めにするとおいしいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク