リュウカ

リュウカは「琉歌」と書いて、短歌の沖縄版です。
琉歌は、中国から伝わった唐歌や日本の和歌に対してつくられたものです。
沖縄のソウルともいわれる歌もあります。
字数は8,8,8,6(さんぱちろく)の30字で、有名な歌人に恩納ナビー、吉屋チルーがいます。
「てぃんさぐぬ花」など民謡の多くは、もとは琉歌であることが多いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク