ゴーヤー

ゴーヤーは、「 にがうり」のことです。
沖縄の食べ物でなんと言っても有名なのがゴーヤー。ゴーヤでは有りません。カンナジ(必ず)ゴーヤーとのばして言うのが沖縄的です。
確かに、苦い!ウチナーンチュでも苦いから嫌い!という人もいますが、そこが、体にいいのです。 
まず、ビタミンCが非常に多く含まれていて、しかも熱に強い。
さらに血糖値を下げる作用のあるインシュリン様物質やポリペブチド類、血圧のバランスを保つカリウムやダイエット効果もあるといわれている共役リノール酸も含まれています。
加えてガン細胞を抑制する効果があることもわかってきました。
まさにゴーヤーはパワーフードなのです。
ところで、沖縄で最も一般的な食べ方は、ゴーヤーチャンプルー。
卵、豆腐、野菜を混ぜてそこにゴーヤーも加えて油でいためた物です。
ゴーヤーは、縦半分に切って、中のワタのような小さな種をとってから調理すると、苦味が半減しますよ。
凍らせたゴーヤーを薄くスライスして、バナナと牛乳でミキサーにかけ、お砂糖をいれた、ゴーヤーシェイクはとってもおいしいです。
一度試してみてはどうでしょう。
ゴーヤ
緑が濃く、ツヤがありイボイボがはっきりしているのが、沖縄産ゴーヤーの特徴です。
ゴーヤーを割る
縦に割るとこんな風です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク