那覇ハーリー

那覇ハーリーは、廃藩置県で禁止されたが1975年に復活。沖縄のハーリー行事の中では最大規模です。観光客の人たちにも見てもらいたいことから、ゴールデンウィークに重なる新暦の5月3日~5月5日の間に行われます。
ハーリー
那覇ハーリーと他の地域(糸満市など)のハーリーとの違いは「舟」です。
那覇以外の地域のハーリー舟は、漁労用のサバニを漕ぎ手10名、舵取り1名でこぎますが、那覇のものは、漕ぎ手は32名、鐘打ち2名、舵取り2名、旗持ち他6名と乗組員が42名になる大型です。
さらに舳(へさき)には竜頭を、艫(とも)には竜尾の彫り物を飾った特別な舟です。
3隻の舟で競争するのですが、それぞれの舟の濃緑色は「那覇」、黄色は「久米」、黒色は「泊」で、ちなみに「那覇」は日本、「久米」は中国、「泊」は沖縄を表しているそうです。
現在の那覇ハーリーの参加者は、中学生から一般の人たちまでさまざまです。女性だけのチームや会社の同僚たちのチームなど多くの人たちが楽しめる競技になっています。
那覇ハーリー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク