アジスル

「アジスル」とは、ちょっと味見する、という意味です。
東京土産の鳩サブレーを友達と二人で食べていると、先輩がふいにやってきて、「ちょっとアジしてみようねー。」と言いながらすでに口に入れている、そんなときに使う言葉です。
「~してみようね」、とか「~しようね」という言い回しは、誰かを誘っているわけではありません。
「味見するよ」と、自分の行動を説明しているだけの言い回しです。
義理の母が「デージ上等やっさ。ハイ、あんたもアジして!」と、チャンプルーを食べるよう薦められたら、決して断れないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク