沖縄に棲む魚たち一覧

あかじん

あかじんは、スジアラのこと。 サンゴ礁域から水深7~80メートルの岩礁あたりに棲んでいます。 沖縄では代表的な高級魚。 家庭では、お刺身に...

かまさー

「かまさー」とはマス科のタイワンカマスのこと。 湾の内側や礁池に群れをなして泳いでいます。 内地のカマス同様、塩焼きでいただきまーす。

まーまち

「まーまち」とは、オオヒメのことで、沖縄の三大高級魚の1つです。 背びれと尾びれに橙色の縁取りがあるのが、特徴です。 お刺身で食べます。

ぐるくん

タカサゴを沖縄では、「ぐるくん」と呼びます。 熱帯性で沖縄からインド洋にかけて分布。体の真ん中の黄色い線や 尾ひれの赤い縁取りが特徴です。...

うきむる

ヒレナガカンパチを沖縄の方言では、うきむる といいます。 アジ科の魚で約1mにもなります。 沖合の岩礁周辺を回遊していますが、同じ仲間のカ...

あかまち

ハマダイは、沖縄の方言では「あかまち」といいます。 熱帯魚のように、赤がきれいです。 スーパーでよく見かける、白身の魚。お刺身で食べます。...

スポンサーリンク